楽知んカレンダー 暦人(こよみびと)

luccal2017%e8%a1%a8%e7%b4%99

暦人(こよみびと)は,『楽知んカレンダー』の発行を応援するあなたにカレンダーが届く,たのしいしくみです♪

暦人(こよみびと)2018 募集要項は,こちら

『楽知んカレンダー』を知ってる?

『楽知んカレンダー』をご存知でしょうか? 2001年度版30部を出版してから,16年の出版をし続けることができています。カレンダーのイラスト,そして編集は,すべて小出雅之さん(北海道,楽知ん研究所理事)の手で行われています。

 

luccal2017%e8%a1%a8%e7%b4%99

『楽知んカレンダー』は,もともとは,ベンジャミン・フランクリン(1706~1790)が25年間,米国のフィラデルフィアで出版していた「貧しいリチャードの暦」(1732~57)をモデルにしています。それは,ただのカレンダーではなく,格言や読み物,月の暦や日の出・日の入りのデータなどが入っているものでした。『楽知んカレンダー』もそれをマネして,「ちょこっと総合読本」という読み物や板倉聖宣さんの発想法の「心得」,〈満月方程式〉による満月の日なども入った,ふつうのカレンダーとは少しおもむきの違ったものとなっています。

この16年間で,「うちのカレンダーはこれ!」「トイレに,はってあるよ」と気に入って,ご愛用してくださっている方々も次第に増えてきています。本当にありがたいことです。ユーザーのみなさま,あらためて感謝です。

フランクリンの「貧しいリチャードの暦」は,毎年1万部ほど発行されていました。フランクリンは,この暦や週刊新聞の発行などで,経済的独立(ファイナンシャル・インディペンデンス=衣食足りて,好きなことをやれる状態)を果たして(1748),静電気実験をはじめとして科学研究に没頭して,自然科学や社会の科学のいろんな分野でたのしい研究や事業を続けました。

この『楽知んカレンダー』もそれを模倣して,年間1万部の発行をめざして,NPO法人としての経済的独立のめどをたてたいと思っているのですが,残念なことに15年たっても,それは達成できていません。

今のところ「貧しいリチャードの暦」の10分の1の1000部ほどの方々に購入していただいています。そして,さらに残念なことに,発行部数を読み間違えたりして,いまだ十分な黒字経営ができていない状況です。

発行を持続可能にするために

でも,毎年,「たのしみにしています」という声をユーザーの方々から聞くと,「貧しいリチャードの暦」が25年の間,続いたように,『楽知んカレンダー』もあと9年で25年間,いやいや,もっと末長く発行を続けたいと思っています。

さらに,「カレンダーを注文するのを忘れてました。毎年,時期が来たら送ってもらえると便利だわ」「4月になって,やっとカレンダーを注文していないことに気づいて,今,急いで注文しました」……というような声を聞くことが少なくありませんでした。そういう事態も,なんとかできないかと考えていました。

そこで,知恵をしぼった結果,こんなことを考えました。それが「楽知んカレンダー暦人(こよみびと)」の募集です。

楽知んカレンダー暦人

「楽知んカレンダー暦人」というのは,8月までに,翌年・翌年度の『楽知んカレンダー』の注文をしてくださる方のことです。発行前に注文を受けて,その代金を前もってお支払いいただきます。そうしていただくことで,『楽知んカレンダー』の発行部数のメドを判断することができます。さらに印刷代金のもととなる資金のメドもたちます。

1700年代にデザギュリエ(1683~1744)が発行した科学実験講座の本にも,「購読予約者」の名前が載っていたように,〈先に読者がお金を支払って=出資して,その本の出版を支援する〉というスタイルを模倣しました。

「暦人」は,以下の表にある4種類。暦人になってくださった方には,時期が来れば,その時に注文しなくても『楽知んカレンダー』が送られてきます。

でも,せっかくなので,次のような特典も考えました。

暦人特典

暦人クレジット

「暦人クレジット」というのは,『楽知んカレンダー』の最後のページに,映画のエンドクレジットのように,「暦人」の方々のお名前を掲載します。映画が終わったあとで出てくる,このクレジットを見るのが好きな方はいらっしゃいませんか? 「こんなにも多くの人びとが関わって,この映画がつくられたんだなぁ。人間ってスゴイなぁ」と感激にひたったことはないでしょうか?

映画のように名前が流れてはいかないのですが,『楽知んカレンダー』の最後のページに,カレンダー発行の出資をしてくださった方々の名前を見ることで,「こんなにも多くの人びとの支援で,『楽知んカレンダー』が発行できているんだなぁ。そうやってみると,カレンダーがもっとステキに感じられるなぁ」と思っていただけたら幸いです。そして,お名前がたくさん掲載されることで,『楽知んカレンダー』の信用(クレジット)も増すとも思います。

誕生日マーク

「誕生日マーク」というのは,『楽知んカレンダー』のカレンダーの欄に,「あなたの誕生日」にマー クを記入させていただきます。それによって,「誕生日が同じ人が何人いるのか?」や他にも,何か「見えないことが見えてくる」のではないでしょうか。そんなたのしみ方もカレンダーならでは,でしょう。

もちろん誕生日に実名を入れるわけではなく,右のような感じになると思います。

「暦人クレジット」「誕生日マーク」によって,出資支援者の方々には,より一層,『楽知んカレンダー』に親しみや愛着を持っていただけると思うのですが,どうでしょうか?

あなたも,「楽知んカレンダー暦人」になって,『楽知んカレンダー』の発行事業を継続可能にするサポーターのひとりになってみませんか?

楽知んカレンダー暦人 応募方法

  

  •  メール申し込み
    mail●luctin.org (●を@に変えて送信) へ以下の1)~7)を全てご記載ください。

1) 1冊・3冊・10冊・30冊 のどれかの記号
2) 暦人の氏名・ふりがな
3)住所・電話番号
4)生年月日
5)メールアドレス(迷惑メールの設定にご注意!)
6)『楽知んカレンダー』に一言
7)暦人になるにあたって一言

  • C.  郵便振替申し込み  下の例のように,郵便局にある振替用紙に1~7をすべてご記載のうえ,ご入金ください。

振替用紙記入例4

暦人(こよみびと)へのお問合わせ

お問合わせは,お気軽にどうぞ

koide●luctin.org (●を@に代えて送信)
電話 090-2074-6842 小出雅之  まで